ホンダ Fit用「スーパーノーマル」一押しアイテム

SHOWA TUNING のFit用コンフォートKITがお勧めです。

新製品の キャッチコピーとしてありそうな言葉ですが「乗り心地が良くて軽快に走れる…???」


 従来からの常識では、ロールを減らしてキビキビ感を出そうとバネを硬めて、ダンパーもしっかりとした物にすると、乗り心地は悪くなる…のがフツー。スポーツサスは多少乗り心地が気になるのはしかたない…ハズ。

 言葉通り、額面通りには信じられない……それで当り前でしょう。

SHOWA TUNINGまず乗り心地を確保!!

  純正よりもソフトなスプリングレートを選択、ダンパーのピストンサイズを1ランクアップ※1
 ソフトなスプリングに合わせて減衰値を仕込むので、その硬さは最少限で済み、乗り心地にも反映されます。
 縮み方向のストロー クは純正値を確保、これが乗り心地に大きく効いてきます。
 これで路面の凹凸の吸収性も良く快適な走りにつながります。

ロールは?

  スプリングがソフトになればロールしやすくなり、キビキビ感が損なわれる…その通りです。
 そこでダンパーの中に、伸び上がり方向のストローク規制の為にリバウンドスプリングを新たに設定して組み込む事で、内輪側の車体の持ち上がり量を減らしています(スプリング レートの高いスポーツKITと同じにロール角が減少)。
 コーナリング姿勢への移り変わりにも非常に切れが良く、シャキシャキとしたハンドリングが得られます(これも過剰な減衰値が仕込まれていないおかげ)…・という事で、ロールはスポーツKIT並みに少なくなっています。

結果的に……出来上がりは?

  ロールも乗り心地も理にかなった方法で組み合わされています(欧州車の多くに見られる手法です)。
 何よりも快適性を最重視したというところがおすすめです。
 品質、信頼性は純正相当と考えられます。
 価格設定も含めメーカーならではの製品で、 快適を売りにしたKITもこれからのスポーツダンパーの方向の一つとオリジナルボックスでは考えます。

※1 ピストンサイズを大きくすると……
  ピストンの受圧面積が増える分、同じ荷重を受けるなら、面積当りの発生圧力が低くなる。
  ピストンがストロークした時の通過油量が増えることで、より細かく、より正確に減衰値のコントロールが可能になる。

乗り心地に対して有利に働く場面が多くなる。

 取付けのご予約やご購入のご相談に関しては、メール or 電話にてお受けいたします、詳しくはこちらをご覧下さい。

 ……と、以上がオリジナルボックスの見解ですが、製品の詳しい説明や価格については SHOWA TUNING ホームページをご覧ください。

To the top