タスマニアに到着(4月22〜23日)

今回のタルガ・タスマニアには日本から7チームが出走しますが、OriginalBoxは他のエントラントよりひと足先に現地入りしました。
密かに掲げている目標が「精度の高いペースノート作製」なので、少しでもコース下見の時間が欲しかったからです。

22日の昼に成田を経ち、シンガポール経由でメルボルンへ。さらにローカル線で早朝にタスマニアへ、というルートです。


……嫌な予感はしていたのですが、ローカル線は
カッコいいローカル線の飛行機(T_T) BA200とかいいます
……やっぱりこういう機体でした(T_T)
天候に恵まれたため、ほとんど揺れなかったのですが、高度を下げ始めると機体の傾きがハッキリわかるんです……。
タスマニア上空からの眺め

本日から29日まではローンセストンという街が拠点になります。
主催者側も海外エントラントにはなにかと気を遣ってくれているようで、ホテルもこんな感じの
オハラホテル
コジャレたところです。ハッキリいって我々には似合いません(@_@)

荷物を降ろしたら、さっそくレンタカーで試走です。
ローンセストンの街中を行く
タルガ・タスマニアは市街地もステージとして設定されます。
これは1日目の舞台となるローンセストン市街を試走中の光景です。

市街から15分ぐらい走ると、いきなり
妙に人懐っこい羊の群れ
こういう光景になります。

本日だけで400km以上を走行。目標に一歩近付きました。

TARGA TASMANIAトップへ | GO NEXT